神戸で食べ歩き旅行

最近、長い付き合いの友人と2人で神戸へ1泊旅行へ行きました。友人は私以上に楽しみにしてくれていて、るるぶを相当読み込んで来たみたいです。こことここのお店のケーキが食べたい!と行きたい所を決めてくれていました。

るるぶってけっこうかさ張るのですが、移動の度にバッグからいそいそと取り出す姿が、楽しみにしてくれてたんだな~、と微笑ましかったです。まずは三ノ宮で神戸牛を食べ、その後もあちこち食べ物屋さんを巡りました。あの辺は本当に色々なお店があって、常に2人で「早くお腹が空かないかなー」と言い合っていました。

お高そうなホテル内のカフェで2千円もするパフェ(一杯がとても小さい)を食べたのは初めての経験です。ロビーで結婚式の撮影をしていて、2人でザ・高級ホテルの雰囲気に圧倒されていました。他は少しデパートに寄って服を見ただけで、あとは全ておいしい食べ物を求め続けた旅行でした。

昼間に食べきれなかったため、友人待望のケーキ屋さんでテイクアウトし、ホテルで夜中に食べました。少しでも食べ物にお金を使いたいがため、ホテルは一人一泊3千5百円のびっくりするくらい安いところにしました。三ノ宮駅から少し歩きましたが、翌日に備えて寝るだけなら特に問題なく、友人と2人で修学旅行のような楽しい夜を過ごしました。

仕事の愚痴が多い友人もその日ばかりは楽しい話題が続き、大人の旅行って楽しいなあとしみじみ思いました。翌日は、お土産のお菓子を大量に買い込んで帰りました。お土産も選ぶだけで楽しいものです。特に神戸は本当においしいお菓子がたくさんありました。

今回の旅行はひたすら食べ歩く!というテーマが最初にあったおかげで、行く場所で揉めるとか、お金をかけたいところが食い違うとかがなくて快適でした。今度は別のテーマを決めて旅行してみたいと思っています。